>HOMEへ戻る
 
 
            
点滴センサの使用方法

  
  

  点滴センサ背面から溝に沿って、点滴筒に被せます
       

 
 
  

  電源ボタンを長押し操作して、点滴センサの電源を入れます。
              
 

    
 
  

  ▲ボタンを押して、使用する輸液セットの滴数に応じて
  滴数を設定します。
              
 

  
 
  
 
  ▼ボタンを押して、調整に使用する表示モード
  (滴下数または滴下量)を設定します。
         
   
      
 
 
 

  
 
  

  表示ディスプレイに表示される計測値を参考に
  クレンメを操作して、滴下の調整を行います。
      
 
 
       
       

  
 
  
 
  滴下数または滴下量が設定値範囲を超えた場合、
  滴下異常と判断し、アラームが鳴り、
  LCDランプが赤く点灯します。
    
   
   
       
       

 
 
 
 
 
  一定時間滴下を検出しない場合、
  点滴終了または停止と判断し、アラームが一定時間鳴り、
  停止していることを報知します。
  アラームを停止させたい場合は、電源ボタンを押します。
 
     
   
   
   
   
       

 
 
 
 
 
  電源ボタンを長押し操作して、点滴センサの電源を切ります。
         
   
   
   
   
   

  
 
 HOMEへ戻る